ブログ

マスクはインフルエンザ予防対策に効果的?
トップ >  ブログ > 

マスクはインフルエンザ予防対策に効果的?

  • 2017/11/14 :
  • お知らせ

こんにちは、ファインラボの林です!!
ブログをご覧の皆さま、
アクアウィッシュをご愛顧
いただいているみなさま、
いつもありがとうございます!!

伺ったところによると、今シーズン
のインフルエンザ予防接種が、
すでに始まっているそうですね…。

インフルエンザは、ひとたび
感染してしまうと、1週間ほど
休まなければいけないばかりか、

高熱、倦怠感、体全体に症状が
でるので、大人でもしんどいなど
不自由が多すぎて困りものです。

予防接種は、もしインフルエンザに
感染した場合でも、重症化せず軽度の
症状で済む、ので対策として推奨して
いるのだそうですね。

インフルエンザの流行は1月や2月と
いうイメージがあるので、もう予防
接種!?とは思いましたが、

効果が出るまでに約二週間かかり
約五か月後まで効果が続くと
いうので、重症化が心配される
体の弱い家族には大事な
予防対策の1つですね。

今年は、9月初旬から
インフルエンザが
出ているところがあったようです。

今年は例年より寒い日もありますし、
早めの予防対策をするのに
越したことはありません!

そこで、予防接種とは別に、
日常でできる感染予防対策に
ついてお知らせしていきたいと
思います!

インフルエンザの予防対策
マスク、手洗い、うがいには
ちょっとした問題があります

インフルエンザの予防対策として、
日々気をつけていることと言ったら

マスクを着用したり、手洗い、うがい
等があげられるのではないでしょうか。

でも、あなたが頑張っている
手洗い、うがい、マスク着用

この3つとも、インフルエンザ
予防対策としては不十分ということ、
ご存じでしょうか?

菌を拾わないよう、マスクを予防対策
として、活用してきたのは、かつての
私も同じでした。

職場でも、風邪やインフルエンザの
蔓延を防ぐため、マスク着用を
励行するなど対策をとられている
企業も多いと思います。

ところが…調べてみたところ、
手洗いや、うがい、マスク着用の
予防対策は、あくまで”細菌”に有効な
予防対策。…風邪やインフルエンザ
のような”ウイルス”に有効な
予防対策ではなかったのです!

細菌の大きさは
1mmの1,000分の1
(0.5~5マイクロメートル)、

ウイルスの大きさは
1mmの1,000,000分の1(100万分の1)
(20~350ナノメートル)
と、格段に小さいんです。

インフルエンザも風邪もウイルスの
部類なので、とても小さいんですね。

中でもインフルエンザウイルスの
大きさは0.1マイクロメートルと
言われていますが、
マスクで対策できる粒子の大きさは、
不織布マスクで
5.0マイクロメートル。

インフルエンザウイルスの予防対策を
しようにも、一般的な不織布マスクでは、
すっかり素通りしてしまうのです!

ですので、マスク対策時は、次の二つに
絞られるでしょう。

・風邪やインフルエンザにかかって
しまった後の飛沫感染をマスクで防ぐこと

・マスク内の湿度を上げ
のどや鼻などの防御機能をアップ
させておくこと

この二つに絞られそうです。

なんでも、インフルエンザウイルスは
湿度40%以下の乾燥した空気で
6時間ほど生息することがわかっています。

マスクの中に湿度を保つことで
活性を低くし、感染しにくい対策と
することができるというわけです。

ただし、高湿度のマスクに
付着する菌にも対策を!!

マスク内の湿度が高くなると
インフルエンザウイルスには効果的
ですが、別な細菌も発生して
しまうので別途対策が必要です。

マスクには、口や鼻の部分に
フィルターがついていますが、
たくさんの菌が集まり付着します。

マスクを付けたり外したりする際に
手でフィルター部分を触るだけで
細菌が手に移ってしまいます。

マスクをぺたぺた触ってしまうと
手から様々な細菌が移って
いきますので、マスクのフィルター
部分には、安易に触らないよう
注意し、仮に触っても問題が
ないよう予防対策が必要です。

手洗い、うがいも同様に
万全な予防対策とはいいがたいです

ウイルスはとても粒子が小さく、
髪や肌、服などにもついてしまうそう。

マスクや手洗い、うがいなどは、局所的な
予防対策でしかないようです。

インフルエンザウイルスが
鼻の粘膜に付着して取り込まれて
しまうと、およそ20分で体内に
入り感染となってしまうのだとか…。
(20分って驚くほど早い!!怖いですよね)

マスク着用やうがいや手洗いは、
しないよりはいいけれど、
インフルエンザ予防対策としては、
心もとないと言わざるを得ません。

マスクなどがダメなら、
インフルエンザの予防対策は
どうしたらいいのでしょうか!?

それは…一番はインフルエンザの
活性をなくしてしまうこと。

マスクやうがい、手洗い
以外の予防対策が必須です。

それには、インフルエンザウイルスを
除菌※出来ることが大事です。
感染を未然に防ぐ以外
他にありません!

※ウイルスは本来不活性化という表記が正しいですが、
一般的にわかりやすく除菌と表現しています。

マスクの除菌も、
インフルエンザの予防対策も
コレ1つで出来ます!
しかも、安心安全な成分で!

湿度アップでマスクの細菌繁殖が
心配でも、マスクそのものを除菌
出来れば安心です!

弊社のアクアウィッシュは、
スプレーして60秒でウイルスや
菌に効果がある除菌消臭剤です。
この効果は99.99%!!

天然塩と水でできており、
中性なので弱酸性よりも優しく
出来ています。

マスクのように口元に近づく
ものでも安全なら安心ですよね。

本当でしたら、中性は一番
除菌力が落ちると言われているの
ですが…特殊な製法で
安全性はそのまま、でも除菌消臭力
アップ、という、他にはない
ものになっています。

インフルエンザウイルス、
ノロウイルス、O-157にも
有効なので、気になるところの
除菌スプレーとして幅広く
お使いいただけます。

手袋なしでもお使いいただけるので、
アルコール消毒のように
手肌がカサカサになることもありません。

万が一口に入っても安全な成分で
できているのに、除菌の効果が
スゴイことが
このアクアウィッシュの特徴です。

ただし…インフルエンザのような
流行性のものは空気や飛沫などの
感染も経路として考えられるため

いくら効果の高い物だと言っても、
スプレーだけでは、予防対策が
追い付かない現実もあります。

そんな時には、アクアウィッシュ
超音波噴霧器がおすすめです!

超音波噴霧器は、アクアウィッシュの
除菌消臭成分を、蒸気に乗せて
空間に放ち、除菌消臭が可能になります!

アクアウィッシュは
インフルエンザウイルスにも有効で
エビデンスもあります!

なので、インフルエンザの感染予防
対策には、とてもおすすめです。

14畳用と26畳用がありますので
除菌消臭したいお部屋の広さでお選び
いただけます。

アクアウィッシュは、水と塩分(0.4%)で
出来ているので、霧状になって部屋を
包んでも、体に害がなく安心です。

飲用ではありませんが、口に入れても
大丈夫なので、赤ちゃんがいる部屋でも
ペットがいる部屋でも大丈夫!

インフルエンザを未然に防ぐ!
予防対策の効果を上げたいなら
マスク着用などの他に
アクアウィッシュでの予防対策が
おすすめです!

インフルエンザシーズンを
アクアウィッシュ超音波噴霧器で
乗り切っちゃいましょう!

毒をもって毒を制す
これをしたくない!という思いで
アクアウィッシュは生まれました。

体に安心、良いもので
悪いものを制する!

アクアウィッシュのような
良いもので悪いインフルエンザを
制して賢い予防対策をしましょう♪

アクアウィッシュで、健康で
快適な冬をお過ごしいただけたら
私も嬉しい限りです!!

-->