ブログ

アルコール製剤はインフルエンザに効かない?
トップ >  ブログ > 

アルコール製剤はインフルエンザに効かない?

  • 2018/1/8 :
  • お知らせ

冬になると毎年多くの人がインフルエンザに感染します。予防接種をしても感染してしまうことがあります。
インフルエンザ対策のためには手洗いとうがいがとても大切ですが、インフルエンザウイルスそのものを除菌できれば感染する確率はさらに低くなります。
多くの人が感染予防としてアルコール製剤を使っていますが、実はアルコール製剤ではインフルエンザウイルスを除菌することはできません。
#アルコール製剤ではウイルスの中にまで届かない。
ウイルスは膜を持っているため、アルコールでは細胞の中に浸透することは難しいのです。
そのためアルコール製剤ではインフルエンザを撃退することは中々できないと言われています。
しかし、日本では多くの人がアルコール製剤はインフルエンザに有効だと考えています。これは子供だけでなく大人でも同様です。多くの施設の入り口にアルコール製剤のポンプを見かけますが、手にかけるだけでインフルエンザを除菌できるわけではありません。それよりもこまめに手洗いとうがいをする方が遙かに効果的です。

#アクアウィッシュはインフルエンザやノロウイルスを撃退する。
アルコール製剤と異なり、アクアウィッシュはインフルエンザやノロウイルスなどのウィルスを撃退することができます。膜を持っているものに対しても有効なのです。しかも人体に無害であるため、空中に散布しても全く問題ありませんし、空中のウイルスを短時間で不活性化できます。このように安心して空中に噴射できるのはアクアウィッシュだけです。赤ちゃんが寝ている部屋で噴射しても問題ありません。

#アクアウィッシュは消臭効果もすごい。
またアクアウィッシュは消臭効果も極めて高いので、頻繁に洗えないコートなどにも十分使えます。
アクアウィッシュは匂いの原因である菌を除菌するため、香りで匂いをごまかすようなタイプの消臭剤より遙かに効果的です。
アルコール製剤には消臭効果はありません。

#お帰りなさいでアクアウィッシュ、家族を守る1本。
電車の中など、人混みの中を歩いてきた家族のコートや服には、たくさんの菌やウィルスが付着していますが、アクアウィッシュをかけることで十分に除菌できます。自宅に帰ってきたらアクアウィッシュをかけて菌やウィルスを家の中に入れないようにしましょう。家族を守るためにも、アクアウィッシュでインフルエンザ対策をしてみませんか。